データベース系フリーエンジニアお仕事帳

実力を証明するならデータベーススペシャリストを取得しよう

データベース系フリーエンジニアお仕事帳

データベース系エンジニアの必須資格

データベース系のフリーエンジニアにとって持っていると有利になる資格といえば、「データベーススペシャリスト」です。IPAの国家試験である本資格は、知名度も高いメジャーな資格であり、もっとも活用しやすい資格と言えるでしょう。データベースエンジニアとして働いているなら、データベーススペシャリストの取得を検討してみてはいかがでしょうか。

データベーススペシャリスト試験とは

データベーススペシャリスト試験とは データベーススペシャリスト試験は独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)が実施している情報処理技術者試験の1つであって、IPAはレベル4(高度な知識・技能)と定義されています。高度なIT人材として確立した専門分野を持って、データベースに関係する固有の技術を活用し、最適な情報システム基盤の企画や要件定義、開発、運用や保守において中心的な役割を果たしているのとともに、固有の技術の専門家として情報システムの要件定義や開発、運用や保守への技術支援を行う能力を評価するテストです。テストはペーパー方式で午前試験I・II、午後試験I・IIの計4つに分かれています。

データベーススペシャリスト試験対策

データベーススペシャリスト試験対策 データベーススペシャリスト試験というものは、テキストに載っている事を丸暗記すればいいというものではありません。暗記する分量はむしろ少ないです。私の感覚では、基本的な情報や応用情報を受験した時の方が暗記量が多く感じました。基本的な資格を受験した頃には情報処理の基礎も知らない状態からのスタートでした。データベースは毎日の業務で使っていますし、正規形の考え方についても他のテストで覚えているので、テストではデータベースの正規化やデータモデリングをどれだけ正確に出来るかが問われるわけなのです!

おすすめ記事

Copyright © 2014 データベース系フリーエンジニアお仕事帳 All Rights Reserved.