データベース系フリーエンジニアお仕事帳

データーベース系エンジニアは知っておきたい、クラウドのためのデータベースとは

データベース系フリーエンジニアお仕事帳

クラウドのためのデータベース

クラウドのためのデータベース

Oracle Database 12cがついに発売されました。すでに2012年に告知されている通り、12cはマルチテナント対応のデータベース。マルチテナント・コンテナ・データベースと呼ばれる、新しいタイプのデータベース上で複数のプラガブル・データベースと呼ばれる仮想的なデータベースを持つマルチテナント構成が可能である事、マルチテナント・アーキテクチャによるデータベース集約の効果などに注目が集まっています。


ユーザにとってそんなに魅力的なの?

しかし、既存のオラクルユーザにとって、OracleDatabase12cへ移行するだけの魅力があるのでしょうか?多くの人はバージョンアップが必要だと思っていても、システムのダウンタイムやトラブルは避けたいのが本音でしょう。例えば、サーバ仮想化技術を使って、サーバリソース集約を進めるだけなのであれば、すでにVMwareなどを使って実施中をいう人も多いはずです。管理についても、サーバー自体の管理は仮想化ツールに附属している管理ツールで実施出来るし、データベース単体では既存の管理ツールで充分でしょう。オラクルにとっても、そうしたユーザー側の動向に関心がないわけではなく、12cをローンチしたのにはこうした市場に対して、12cが充分にインパクトを与えられると判断したということのようです。12cのキーテクノロジの1つであるマルチテナント・アーキテクチャによるデータベースの集約と、管理の共通化は従来のITインフラ管理者の課題で、もう一つの選択肢を与えるはずだと見込んでいるようです。

DBサーバ集約は課題だけど、プロセスはそのまま?

サーバ仮想化技術が成熟しつつあることなどから、多くの企業ではITリソースの効率的な統合や集約によるハードウェア資産の見直し、コスト削減への要請は強まっている事でしょう。サーバ仮想化技術を使った集約において懸念されるのが、ハードウェアリソースは削減出来たものの運用プロセスそのものは残ったまま、個別のアプリケーションであったり、部門やロケーションごとの管理体制のままなのです。サーバ仮想化技術が成熟しつつあることから、多くの企業ではITリソースの効率的な統合・集約によるハードウェア資産の見直しやコスト削減への要請は強まっています。これは仮想化技術がOSレベルでの統合であることからです。簡単な集約であったら、現状の物理サーバと同じ環境を仮想マシンとして立ち上げて、そこに移植するだけでサーバ台数を減らせます。
しかし、集約後のサーバには複数のOSやアプリケーションが、バージョンさえ統一されずに置かれていませんか?これでは置き場所が変わっただけであり、情報システム部門の管理効率が変わるという事はありません。この管理プロセスの非効率さは課題となるでしょう。

おすすめ記事

Copyright © 2014 データベース系フリーエンジニアお仕事帳 All Rights Reserved.