データベース系フリーエンジニアお仕事帳

時代のニーズから見る、今後求められるデータベース系エンジニアとは?

データベース系フリーエンジニアお仕事帳

これからのデータベース系エンジニアに必要なこと

ビッグデータとクラウドが時代のキーワードとなっている今、データベースエンジニアに求められるレベルは確実に変化し、ハードルもあがっています。時代のニーズに対応できるデータベース系エンジニアになるために必要なこととは何なのか、一緒に考えてみましょう。

データベース系エンジニアの需要

データベース系エンジニアの需要 今やアプリケーションごとに独立したデータベースをいくつも並存させるのではなく、統合的に一つのデータベースですべての業務に対応するという俯瞰的な視点に立つデータベースエンジニアが求められています。ビジネスモデルの変化に伴ったシステムの変更は最小限に抑えることが、安定的なシステム運用に繋がるからです。従ってDAとDBAのいずれの意味でも、データベースエンジニアには最初の設定・構築の段階における共通のスキルとしてデータモデリングを理解する必要があります。これは具体的には概念データモデル、論理データモデル、そして物理データモデルなどを含みます。

データベース系エンジニアに求められるスキル

データベース系エンジニアに求められるスキル ITエンジニアの仕事を一言で言うと、顧客の希望に合ったシステムを開発する事です。ただ、一言でシステムと言っても、ネットワークやデータベース、アプリケーションなどの様々な技術から構成されています。そして、こうした技術に基づいた専門のエンジニアがいるわけです。この中で肝になるのはデータベースです。これが不十分だとデータの統一性やパフォーマンス、使い勝手などのあらゆる面で支障をきたします。エンドユーザから見れば、アプリケーションの機能やユーザインターフェースがシステム性能を左右すると思われがちですが、データベースこそが縁の下の力持ちとして重要なのです。当然、データベース系エンジニアに求められるスキルも期待値もハイレベルになっていきます。

データベース選定の“常識”を疑う

データベース選定の“常識”を疑う データベースといえばOracle DBやSQL Serverが二大巨頭ですが、バージョンアップ時に再度アプリケーションを改修する手間や、高額な保守管理費用あるいはサポートサービスが半ば必然的に伴います。この点、PSQLであれば基本構造がシンプルで、なによりも信頼性が高く、またその他の運用上のコストが安く抑えられます。SQLを使ったコード記入も可能なため、PSQLを初めて使っても違和感がありません。更に最新のインフラ技術やクラスタ環境にも対応し、また開発用ライセンスを無償提供するなど、開発環境も利用しやすいように整えられているのです。

クラウドのためのデータベース

クラウドのためのデータベース ITインフラの周辺の技術革新が進んでいる中、データベースの機能だけでシステムや運用の差別化をする事を望む事は出来ないとか、高い要求レベルのシステム以外であれば、データベースはどれも同じであるといった声が聞かれるようになってきました。そんな中で、日本オラクルはOracle Database 12cを発売しました。この製品は久しぶりにワクワクするような仕掛けを持って登場したと、一部では期待を受けているようです。オラクルの提案する新しいデータベースで運用管理はどう変わるのでしょうか。

おすすめ記事

Copyright © 2014 データベース系フリーエンジニアお仕事帳 All Rights Reserved.