データベース系フリーエンジニアお仕事帳

フリーエンジニアになる!データベース系エンジニアのための最新情報

データベース系フリーエンジニアお仕事帳

データベース系フリーエンジニアになるための知識

コスト削減、安定性の向上、データベース統合、作業効率向上など、データベース系フリーエンジニアに寄せられる課題は様々です。今後その要求レベルはさらに多様化し、高度になっていくことが予測できます。そんなデータベース系のフリーエンジニアが今、知っておきたい知識をいくつか紹介します。

データベース系フリーエンジニアのためのオラクルサポート120%活用法

データベース系フリーエンジニアのためのオラクルサポート120%活用法 フリーエンジニアにとって「コスト削減」は常に大きな課題である事は間違いありません。オラクルサポートのサポート・プラットフォームである、マイオラクルサポート、そして、その主要コンポーネントのオラクルコンフィグレーションマネージャーを活用することで問い合わせ時の作業効率をあげると同時に、コストを低減することが可能になります。これらはオラクルの製品サポートを契約しているユーザーであれば、標準サービスとして利用する事が出来るようになっています。
オラクルサポートの120%活用法、ぜひ参考にしてみて下さい。

データベース統合化の落とし穴とは

データベース統合化の落とし穴とは データーベースを仮想化環境で統合する場合、十分にメモリ領域を確保できないと、後からストレージI/O性能を引き上げるのは難しいため、ボトルネックという現象が起こりやすくなります。Oracleデータベースの構造上、膨大なデータをHDDが供給する能力に限界がある点がネックになっているため、これをSSDに変えられればよいのですが、高価なため導入する場面は限られてしまいます。あるいはボトルネックに流れ込むデータを取捨選択すると考えれば、Database Smart Flash Cacheなどは効率良くSSDを配置することでパフォーマンスの低下を劇的に解消する策といえます。

Database Smart Flash Cacheの性能を知る

Database Smart Flash Cacheの性能を知る データベース管理は、データエース系エンジニアに限らずすべてのフリーエンジニアにとっての課題ともいえるでしょう。データベースに保持されているデータのうち本当に必要なデータだけを選択して、SSDに格納する事が出来たら、ディスクによるボトルネックを効果的に解消する事が出来ます。こうした発想から誕生したのがOracle Database 11g Release 2 Enterprise Editionの新機能である「Database Smart Flash Cache」というわけです。その実力について詳しく紹介します。

データーベース系フリーエンジニアはRDBスキルで活躍の場を

データーベース系フリーエンジニアはRDBスキルで活躍の場を データベースエンジニアがRDBの知識や技術を身に付けておくと、付加価値として高く評価されるでしょう。そのために「正規化」と「E/Rモデル」というデータベースエンジニアにとっては基礎的な技術をもう一度深く理解し直しておくと、RDBの理解が進みます。なぜなら今や企業システムの中核ともいえるRDBとは、有効な再構造化を果たす為には、いかにデータを分解することが適当なのか、という点を突き詰めたアーキテクチャだからです。更に「機能モデル」や「データ・フロー図」についても根本を理解しておくことで、今後の活躍の場が広がるでしょう。

おすすめ記事

Copyright © 2014 データベース系フリーエンジニアお仕事帳 All Rights Reserved.